GUNPLA ageha style

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100均のカラーレジンの実力は?




以前、¥100ショップ(ダイソー)の透明レジンのレビューを

ご紹介しましたが、今回は同じ100均のSeria(セリアさんでしか

手に入らない、カラーレジンの実験を兼ねてご紹介いたします。

今回セリアさんで入手出来たのは、全6種類のカラーレジンです!!

このカラーレジン、白を除くすべてクリアーカラーでして

混ぜてオリジナルカラーも作れます。(全てハードタイプ)

そして何が凄いと言いますと、こちらも日本製なのです。w

実験のため、各色を数滴ずつ盛りつけてテスト開始l~!!

紫外線照射器(スーパーレジンUVクリスタルランプ)に入れること約2分

あっという間に、カチンコチンに硬化しましたおー🎵

色味は、カラーレジンと言っても かな~り薄い感じですが、、、

白もぱっと見は、クリアーホワイトに見えますよ~!





DSC_0106_20160218234403ca8.jpg





DSC_0108_201602182344210e2.jpg





DSC_0112_201602182344404e8.jpg





こんな感じっすが、いかがでしょうか ハードタイプのため 硬化するとかなり

固くなりますが、モノアイやライフル、各種センサー部などに応用出来ると思います。

またUCなどのサイコフレームなんかも、お湯丸で型どりすれば、低価格で

難なく複製出来ると思います。

総評ですが、低粘度ですのである程度は流しやすく 濃色にしたい場合は

ラッカーやアクリル塗料のクリアーカラー及び、色の源を少量混合すれば

恐らくは 大丈夫かと思われます。

ま~例え失敗しても ¥100ですからね~(笑)

皆さんもお手軽ですんで試してみてください!

あっ!!この紫外線照射器なんて ない方は紫外線なんで

日中外に出して太陽光線に一時間もあてれば 出来ますよー!!

これから暖かくなれば、さらに早く硬化も可能ですん。。。

お試しあれ~~~~ほいじゃ~まったね~

スポンサーサイト

mat divider 試してみたよー🎵




お久し振りんちょでーす。^^

気がつけば、信州はお盆明けから 秋風がそよそよ~朝晩はだいぶ過ごしやすく なりました。

プラモなんかも、ようやく快適に出来るんで 少しは捗るかなぁ?( ̄д ̄)





で、、、確かお盆休み中だったと思いますが、matさんが数日間連続で

ブログをアップしていたんすが、惜しげもなくmatさんの工作ノウハウを紹介してまして

なるほどな~っと感心しつつ、夏休みの宿題を頂いたような🎵目から鱗のアイテムの数々には

ホント ためになる物ばかりで、感謝感謝です。。。

中でも、コンパス(ディバイダー)を使った 簡単に高精度なディティールが出来るとの記事には

正直!!ビックラこいたす。(;゚Д゚)まぢかーみたいな^^

詳しくは matさんのブログで紹介されてますんで、そちらでご覧下さい_(._.)_





ほんで、見たからにはヤッパ 実践してみたいじゃーないすか~。(^o^)

自分ミーハーなんで ソッコーAmazonでポチして、GETしちゃいましたよー。(笑)

早速実践してみて、思わず・・・笑っちゃいました。wwwwwwwwwwwwwwww

これ簡単じゃねーマジで、うひょょょょょょょょょょーーーー楽じゃん!!

下書きもガイドも使わずに、ものの10秒たらずで ディテが出来ちゃったっす。(ビックリ!)











DSC_0005_20150824021118f1c.jpg







DSC_0004_20150824021302c01.jpg



このコンパスは、スプリングコンパスという名の製図・測図などに使用する、

2本の針状の脚をもつ分割器で、二点間の寸法を写し取ったり、左右の対象だしや

縮尺を読んだりするのに使用されている、優れものなんす。

んで、中央部にある ネジ歯車機構によって 両方の脚が均等に開き幅の微調整ができ

るんで力入れても、ブレないっす。(;゚Д゚)

付属ニードルも2本付いてますんで、そのままでも即!使用出来ますが

プラを彫るのに使うので、彫る側のニードルを先の鋭い 拳王ニードルに交換しましたおー。^^





DSC_0012_edited-1_201508240213422ed.jpg


DSC_0027_edited-1_2015082402140012d.jpg



早速、試してみました。コツを掴むまで力の入れ加減をコントロールしたり、

水平にラインどりするのに、慣れが必要っすが、下書きもガイドも使わずに

いきなりやってみましたよん。(汗)オイオイーナンジャーコラーでした~💦

百均のコンパスでも試してみましたが、あまり先端部が鋭くないんで、

どーしても筋彫りラインが、太くはなりますが 出来なくはありません。

ただ、針が交換出来ないんで、研ぐか百均なので新たに購入するかは考え物!!

しか~~し、多少なりとも違いはあれど、上の写真のような筋彫りが両者共に

10秒ほどで、均等に彫ることが出来たっす。(;゚Д゚)まさに、ビックリす!











DSC_0017_20150824021420b5b.jpg



「TWIN COMPASS DIVIDER」なんて、たいそうなネーミングですが(汗)

要は100均のコンパスの2個イチなんす・・・2つのコンパスをバラシ、針部を合体させただけっす。( ̄д ̄)

自分は、10年位前から 円のディティールを彫るのに使っていたんすが

意外と簡単かつ綺麗に筋彫りが出来るんで、お勧めの一品す。^^







DSC_0022_2015082402143955f.jpg




スプコンと100均2個イチ コンパスを比較してみました。

100均の方は、見るからに貧相ですが、、、 スプコンと適材適所で併用すれば

まだまだ使えるはず💦(←無理矢理)






DSC_0036_20150824021459914.jpg



スプリングコンパスは、先端部のアタッチメントから脱着可能なんで

オプションで0.3mmシャープ部(シャープペンシル)を別途購入し取り付けてみた。

このシャープ部だけで、¥600もするので考え物っすが、ニードルタイプですと

プラにキズが付くので、これならキズもつかないんで パネルラインなんかにも使えそう~。

しかも、シャープペンなんで、芯を出してアタリを付けるにも 細いので精度も上がるかと・・・。^^;





ま~今回は、matさんが貴重なノウハウを 惜しげもなく公開してくれたお陰で

新たなディバイダーの使用方法なんかを 実験してみましたが、

ホント、慣れれば強力な武器になるのではないでしょうか~(^o^)

この夏!模型界に革命をもたらした、「mat divider」ちょこっと大袈裟っすが(笑)

国民栄誉賞ならぬ、模型栄誉賞をmatさんに授与!!決定だ~ね!!!(^o^)

銅像建てなくてわー(;゚Д゚)   








matさんに、感謝です。。。












そんじゃ~まったね~

PHASE-89 えーもんみっけた~☆





先日、某100円ショップでいつものように

な~んか使えそうなの ないかな~なんて物色してたら

え~もん みっけたっす^^

知っている方は、既に ご存知かと思いますが・・・





DSC_0068_201501222349331e0.jpg



これな~~んだ?(インテリアの写真じゃーないよー)

ぱっと見で すぐに解った方はかなりの ツー ですね~!

そうでぃす~これは、とあるものの ゴミ?いや 残骸っす(;´∀`)











正解は・・・・・・・・・・・・・・・・・これでっす!!









DSC_0048_20150122235003ccf.jpg



じゃ~ん ワニ口クリップ でした~(*´з`)

塗装時に使用する、持ち手に使えないかな?っと思い

とりあえず 5つ程 GET!! して来ました🎵

つに 大がつ 小がつの 12個も入っています。

このワニ口クリップ!!!家庭用の電子工作や実験用のクリップに使う物ですが

早速 持ち手を 制作してみました~^^




DSC_0058_edited-1 - コピー


ワニ口っと言うだけあり、開くとワニが口を開いたみたいですね。

そんで、制作という程のものでもないっすが、最初に皮かむり…ちがーうw

邪魔な 絶縁用のビニールカバーを ムキムキします(笑)

(5つ買ったので合計で、60個ひたすらひん剥きまーす(≧◇≦) )

ついでに 購入した竹串(200本)を本来ならば ビニールコードを差し込む所に

挿入して あとはもう ペンチで締め上げるだけっす。

ものの数秒で 出来上がりました。

さすがに 60個はメンドイっすが💦30分ほどで全て完成致しましたよーん(^O^)




DSC_0060_edited-1 - コピー




参考に以前から使っている、市販の持ち手(解かりやすい様、金色で塗装)と

今回制作した、持ち手を比較してみました。

市販品の大きさは、小より少し大きいサイズで 中っといったとこでしょうか!

大は 大きな物を挟むのに便利だし、小は細いパーツの保持に最適ですね^^

こんなにも簡単に出来て、尚且つ安くても機能は同じですので

かな~りお得でごじゃります。

因みに、持ち手を刺す台は 以前ARUEさんから頂いた

猫の爪とぎなんで、竹串を入れても¥600ですのでお勧めですよ~。

(市販品は相場で 30本位でおおよそ ¥1300位するので)

ところで、竹串・・・残り後140本・・・ど~するべーかなぁー

そんなには持ち手も要らないから、おでんや焼き鳥にでも使おーうっと(^O^)










ま~この持ち手は偶然の産物でしたが、本来の目的は

Ryunzさんに 教えてもらった 少しビックリのNEW アイテムを

探していたのでぃ~す^^


そしてついに発見しました~


UV クラフトレジン液


そうです 透明レジンっす(;゚Д゚) 

ソフトタイプ・ハードタイプ・ラメハードタイプの3種類あったので

とりあえず試してみようと思い、全て買ってまいりました!





DSC_0066_edited-1 - コピー



その名の通り 紫外線(UV)で硬化する表面コート剤とのキャッチコピーでして

ソフト・・・布、レース、曲がる物など下地の柔らかい物に向いています。

ハード・・・プラスチック・ガラス・金属・磁器に使用出来ます。

ラメハード・・・用途はハードタイプと同じですが、シルバーのラメ入りで✨キラキラ✨の仕上り。


早速 各少量をチョコレート空き容器に充填して

紫外線(太陽光線)にあてて、実験してみました~(;´∀`)

外だと 冬なんで寒いし、ゴミが着く恐れがあるので

日中 日の出ている時間で日当たりのいい、窓際に置いて

わずか 30分足らずで コキンコキンに無事硬化しました~(^O^)/

使用説明には、(硬化時間の目安は5~30分

季節や気候、UVレジン液の厚みによって異なります。)

っと明記されてたので、夏場で2mm位の厚みなら 5分もあれば充分だと思われまっす^^

さて 実験結果すが・・・・・


まずハードタイプは まんまハードに硬く 固まりなかなか良さそうっす!

硬度&透明度は、通常の2液混合タイプに比べると さすがに辛いものはありますが

100円という 値段を考えてみたら、充分ではないでしょうか(笑)

ついでに ガンダムのビームライフルスコープ部に 簡単にシールを貼った上から

ハードを盛って実験してみましたよーん。(モノアイにも使えそー^^)

どですかね~なかなかに いい感じじゃ~ねーですかー(*´з`)

ラメ入りハードは ハードタイプの中にシルバーのラメが入っていて

光の反射で、✨キラキラ✨光り、アクリル系の色を混ぜても

使えそうです。(OOのGN粒子とか、バーニングのプラフスキー粒子などに)

ソフトは 指で曲げられ、ハードに比べると柔らかく使い方次第では 色々と役に立ちそうです。


今回 気温の低い中での実験で 30分で表面が硬化してたので

容器から剥がした時に、若干 底面がべたついていて 手の指紋やゴミなどが

着いてしまい(;゚Д゚) 汚らしくなってしまったんすが 冬場なら1時間位紫外線に

あてたほうが 良さそうっす!(但し 厚盛は???ですがね)

でも レジンが夢の¥100ですよ~大量に使用しなければ

アンテナや手位の大きさなら 複製も出来そうだし キャノピーなんかも

OKかも それでいて 2液混合タイプと違い 硬化時に熱も発生しないし 無臭だし

ただ、日の出ていない夜間に使えないのが弱点っすが(≧◇≦)

一応、、、表面コート剤なんで、果たして厚盛にはあまり適さないかも?です。

ま~失敗しても ¥100なんで気にしないで 気楽に使えるのがなによりですね~^^






最後は このロングピンセット!!




DSC_0064_edited-1 - コピー


通常のピンセットと比べると 長いっす!(名前のまんま(笑) )

自分、いつもは T社製のピンセットを使っているんすが

このロングピンセット(略してロンピン) イイッスわーまぢで・・・

材質もT社製と同じ ステンレス製ですし 先端部もあまり尖ってなく

ほど良い グリップ感で なにより持ちやすく 実際使ってみて

T社製と比べてみても、そん色ねーす^^(T社製は¥1000位)

今一番の お気にの ピンセットですかね~(^O^)




いずれにしても、どれも¥100なんで なんか得した気分っす🎵

高額な工具でなくても、アイデア次第で 安くても使えそうなものが

たくさんあって、しみじみ えー時代になったなーっと💦お得感満載でしたm(__)m









年明けから なんやかんやと バタバタしてまして(≧◇≦)

なかなかプラモれる時間がほとんどなかったんすが

次回より ステイメン製作記 開始致します。。。

お楽しみに~🎵それじゃ~またねー

PHASE-60 MILITARY





暑いっすね~ここのところ💦💦
仕事抜け出して、プールにでも浸かっていたい心境です

長野県は海ナシ県なので、海がある県の方々が羨ましい~っす!! (まぢで)
海に行きたいな~のんびりと・・・

しか~し、困ったことに愛車のエルグランドが最近調子が今イチときてまして
タイヤの付け根辺りから、ラバーが裂傷しグリースが飛び散っていて

修理屋さんに聞いたら、普通に走っているぶんには支障はないが
酷くなると段々と摩耗して、音が激しくなるとの事で部品交換だけで

¥20000位かかると言われまして・・・なぬぅうぅ¥20000?
工賃入れたら恐らく¥50000位は覚悟せねば

う~ん困ったなぁ~恐らくは2月のあの大雪でやられたと思いますが
これから夏休みなのに ¥50000は痛いっす

もう15年近くも載っているので、ボロとはいえ愛着がある車なんすよ!
しかし流石に税金は高いは、燃費は悪いときてまして(サンデーCARなのでまだしも)

次の車検まで後、二か月あまりなので廃車か修理か少し考えさせてくださいと
取りあえず保留にしてもらいました

子供が出来る前から載っていて、どこに行くのも、家族の想いでと共に歩んできた
車なのでど~しようか真剣に悩んでいます・・・・でも・・・海行きてー




さて本題の MILITARY(軍) ? とはなんぞや??


えー先日、自分のAFVにおける偉大なる師匠に頂いちゃいました(^O^)/アザッス!!


そうそれは、アメリカ軍で実際に使っていた鉄製の弾薬ケースでっす! 


通称  「アモカン」 っと言われていまして上部には手提げ用のハンドル


淵には防水用のリング付きで水が侵入しにくい構造になっておりまして


かなりの気密性がある代物なんですよ~流石に弾薬を入れる箱だけあって


かなりしっかりしていて、少し位落としても全然ヘッチャラで凄いっす(*^^)v


工具箱にイイナ~っと思っていたところ、「やるよ~」てな具合いで頂きました。


ありがとうございました^^大事に使わせて頂きます!


工具に留まらず、気密性がかなり高いので 塗料入れとしても使えそうだなぁ~




弾薬箱



弾薬箱



弾薬箱



弾薬箱



弾薬箱



ジム



ジム





上のジオラマ模型は、MGのジム改をスナイパー風にアレンジしたのですが、

ミリタリー繋がりで、棚の上に埃まみれになっていたものを そのまま撮影してみました。

なんせこれを製作したのは、多分エルグランドを購入した辺りだと思うので

相当ヤバイっす!葉の色が変色してるし・・・下手だな~ト・ホホ(>_<)

因みに、木に絡まっている ツタの様なのは、そうあれですよ~・・・・・・・

トウモロコシのあれですよ~意外と使ってみるものだ イッッ・シシシー

これからさらに酷暑ですが、皆さん頑張って乗り切りましょ~ではでは

PHASE-12 ブルブル ペンサンダー

 

 ガンダム ビルドファイターズ始まりましたね~^^
録画で、早速観ました・・・・・・・が・・う~~~~んん
ストライクガンダムは一等 好きな機体なので 期待していたんすが
その昔 見た 「プラモ狂四郎」の平成版 じゃね~??(単行本は全て持ってました)
っ~か 人気MSの イイとこ盗りガンダムですね!
メーカーさんの 訴求が見え見えの感が・・
そのうち、パーフェクト ストライク ガンダムが登場したりして?
ま~せっかく 新たに始まった 新ガンダムなので、楽しみましょう~
AGEの 二の舞を踏むことのないように・・盛り上がってくれれば(^^;



さてさて 前回の超音波カッター凄いっすよね~

実際に体験させてもらえたので、凄く参考になりました!

本日は、そのほかにも リュンズさんが 普段使用されている 必殺の工具を紹介します。

その名は、(またしても ドラえもん風に)  ペンサンダ  っと言います!!

早速、体験してみました・・・「ブルブルブル~」左右に激しく 振動します。

あ~~~っという間に 面取りが 出来ます~早っ‘‘

少し 慣れが必要ですが 慣れれば この上ない武器になりえます(*'▽')

リュンズさんは、エッジまでこのペンサンダーで 処理出来るら~(静岡弁)

ペンサンダー
先端には、320番程度の 紙やすりを リャンメンで貼り付けている そうですよ~
ペンサンダー
本当に あっという間っす!ペンサンダー
いいでしょう~慣れればかなりの これまた時短になりますよ~^^

ホームセンター(ホムセン)で ¥5,000位で 販売してるそうですよ!

超音波カッターは高嶺の花ですが、これなら何とかなりそうっす(-_-;)

贅沢いえば きりないっすが やっぱいいですよね~

Pパテの面取りにも、使えそうですね!

次回は、ハイテクモデラーリュンズさんの作品がついに・・・Ryunz


                     ・・・To be continued・・・ 

Ageha Photo Gallery
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。